期間従業員の求人は実は不人気なのか


期間従業員という言葉は求人誌でもよく見かけるようになりましたが、自動車工場や電子部品工場などの一部の企業での雇用形態です。<!–more–>

期間限定の従業員の事を指し、契約社員と似たような位置づけでもあります。

契約更新を数か月おきに行い、最長で同じ職場に連続して勤務できるのは2年11ヶ月としており、
ある程度の期間に好条件で働くにはおすすめとフリーターの男性には人気の職種でもあります。

しかし、期間従業員は工場の稼働の状況によって人員を増やすので景気に左右される雇用とも言えます。

この為、国内で景気が悪くなった際には雇い止めの現象が起きるほど不安定な雇用形態でもあり、
その印象からいくら良い条件であっても期間従業員の求人に応募するには敬遠したり、躊躇する人もいるほどの現状でもあります。

とはいえ、<a href=”http://natures-response.com/”>期間従業員の求人</a>は雇用の不安定さを取り除けば非常に条件面では恵まれています。

寮や職場までの送迎バスが無料もしくは格安で利用できる他、食堂も完備しているので食事面でも安く栄養バランスの摂れた物を食べる事が出来ます。

仕事に慣れれてこれば休日で副業をする人もいるほどであり、
雇用されている間はお金を使う場所も限られており、稼ぎやすく、手元に残りやすい環境下でもあります。

一度契約を満了して再度また違う工場や同じ工場で働く場合には経験者として扱われ、経験者手当として日給に上乗せされます。

リピートする人もいる中で数日で辞めてしまう人もおり、向き不向きが分かれる職種とも言えます。

期間従業員の求人の条件


期間従業員は自動車メーカーなどの工場ライン勤務がほとんどで随時募集しています。名前の通り、「期間」限定の従<!–more–>

業員なので一定期間のみ働く事が出来ます。

この為、短期限定で働きたいという人には向いている雇用形態でしょう。
期間従業員は最長で2年11ヶ月連続して同じ職場に勤務できます。

期間従業員はどのようになれるかというと、
ハローワークや求人誌などで募集が載っているので応募する事から始まります。

面接または筆記試験も課される場合もありますが、筆記試験の場合は小学生から中学生並みのレベルなので複雑すぎるといった事はないでしょう。
また健康診断も行う場合もあります。特に視力に関しては綿密な機械や作業で必要となる為、
一定の視力がないと不採用もしくは配属先が限定される等の措置があります。

<a href=”http://natures-response.com/”>期間従業員の求人</a>においてあくまで未経験でも採用されやすく、
人物重視なケースが多いですが、筆記試験の結果や健康診断の結果では採用も難しい場合もあります。

期間従業員のメリットは無事契約が終了した後も一定期間をおいて同じ職場で働く事が可能です。

再度求人の応募と面接をしますが、企業側も一度雇った人材であれば即戦力としてメリットがありますし、
何より求人を出してどういった人物がくるかよりも予め知っている人材を確保した方が安心であり、双方にメリットがあるでしょう。

繰り返し雇われる事で信頼を受け、正社員への登用への話もかかるかもしれません。

期間従業員の求人は大手のほうが良い?


<a href=”http://natures-response.com/”>期間従業員の求人</a>は、自動車メーカーや電子部品製造工場などから募集がされている契約社員のお仕事です。<!–more–>

通常の契約社員の仕事や、工場派遣の仕事と比べると条件が良いのがメリットです。

メーカーからの直接雇用となるので、福利厚生も充実しています。

給料や福利厚生で考えると、大手メーカーのほうが条件が良いようです。

基本的な給料が高いだけでなく、期間満了時に報奨金がもらえたり、会社の寮に無料で住めたり、食事が社員料金で食べられたりといった待遇がついていたりします。

しかし、大手のほうが待遇が良い傾向があるというだけであり、
中小メーカーでも高待遇のところはありますので、最初から大手のほうが良いと決め付けるのは良くありません。

あえて大手のデメリットをあげるなら、正社員になりにくいということろでしょうか。

期間従業員の求人では、6ヶ月の契約期間が終わっても契約が更新されることもありますし、
正社員として採用される可能性もあります。

大手メーカーには優秀な人材が集まる傾向があり、競争率も高いので、正社員になれる可能性は低いです。

次から次へと有能な人材が応募してくる大手のメーカーでは、人材で困ることはないので、6ヶ月の契約期間が終わったらそこで契約終了となる可能性も高くなります。

しかし、正社員になれるかどうかといったことは不確定要素ですので、やはり給料などの確定している条件で比較するのが良いでしょう。
その意味では、期間従業員の求人では大手のメーカーのほうがおすすめということになります。

期間従業員の求人活用法


期間従業員とは特に工場勤務者などで季節的に雇用される契約社員のことを指します。<!–more–>よく派遣社員と混同されがちですが、

あくまでも雇用元会社と直接契約を結ぶ契約社員が期間従業員です。

&nbsp;

年齢や学歴、経験などを問わない場合が多く、

身軽に働き始めることができることから人気の高い求人となっています。

&nbsp;

主な就業先は工場勤務が一般的でとくに自動車産業では年中<a href=”http://natures-response.com/”>期間従業員の求人</a>が募集されていることもあります。

その他には電子部品やカメラの組み立てなどの求人募集もあります。

&nbsp;

仕事内容はライン組み立て作業、塗装作業、運搬、鋳造等の加工作業が主ですが、

自分の希望通りの部署に就くことは非常に稀です。

契約期間はどこも六ヶ月のところが多く、

それ以降の更新については季節ごとの生産予定台数に左右されるため必ずしもそのまま就業し続けられるとは言えません。

&nbsp;

しかし期間従業員のなかには年数を重ね知識、

技術が認められることで正社員登用制度を受けて晴れて合格すれば正社員として入社することもできます。

&nbsp;

実際ある大手の自動車生産会社ではこれまでに約1.000人近くの期間従業員を正社員として雇用してきた実績もあります。

&nbsp;

期間従業員はなかなか定職に就けなかったり、

短期間でまとまったお金が必要な場合、これから起業を考えている際のつなぎの職業としても活用することができます。

&nbsp;

さらに自己都合退職などですぐに失業保険を受け取ることができない場合などには

つなぎのために六ヵ月間だけ働くこともできるため非常に活用しやすい求人案件とも言えます。

期間従業員の求人について


よく求人情報で見かける期間従業員の仕事についてですが、その多くが製造業であると言えるでしょう。<!–more–>

&nbsp;

求人情報に掲載されている待遇の条件を見てみると、なかなかの好条件となっているところも多いと言えます。

寮が完備されている職場や、採用が決まると祝い金としてボーナスが貰える期間従業員の仕事もあります。

ただし、期間従業員の仕事にはデメリットもあります。それは、将来的な雇用が安定していないという点です。

&nbsp;

契約期間が終了すれば、その時点で職を失うことになります。

そうなるとまた求人情報を探さなければなりません。

<a href=”http://natures-response.com/”>期間従業員の求人</a>の募集記事に、よく正社員登用制度ありと記載されていますが、それはほんの一部の人だけであり、過度に期待することはできません。

&nbsp;

自分の将来のことを考えるのであれば、期間従業員として働くよりも正社員として長く勤めることができそうな職場を探した方が良いと言う意見もあります。

その判断については人それぞれですので、期間が決まっている仕事について否定をするわけではありませんが、募集記事に記載されている好条件にばかり気を取られ、将来的な自分の働き方について深く考えずに決断することだけはやめておいたほうが良いでしょう。

&nbsp;

厳しい言い方をしてしまえば、期間が限定されている従業員は忙しい時期に都合よく働いてくれる人材であると経営者側からは見られているでしょう。

そういった考え方もしてみると、仕事を選ぶ基準が変わるかもしれません。