がんの早期発見も人間ドックがおすすめ

ガンは日本人の死亡原因でも上位にあるやっかいな病気です。

ガンの種類にもよりますが、検診以外での早期発見はとても難しいと考えられており、症状が現れてからの治療では回復が難しい患者も多いようです。

そこで注目されているのが人間ドックです。

人間ドックではがん検査は通常行われないことが多いのですが、各種がん検査を行う人間ドックのコースが注目されています。

がん検査には腫瘍マーカーなど血液検査による診断が多いようです。



腫瘍マーカーについてはガンごとにマーカーが違うこともあり、手軽な検査方法として人気があります。


また、ガンの検査に加えて行われることが多いのが下腹部のMRI画像診断です。

特に女性向けの下腹部のMRI画像診断は子宮や卵巣に腫瘍ができている場合に早期発見が可能であり注目されています。



子宮や卵巣についての検査は市町村や会社などでの集団検診でも子宮頸部細胞診が行われるようになってきていますが、下腹部MRIを撮ることで腫瘍の早期発見が更に高い精度で可能となっており受診する女性が増えています。



男性の場合は前立腺肥大について画像診断できますので前立腺がんの早期発見にも繋がるとして注目されています。

この他に血中ピロリ菌抗体検査も行われることが多く、胃がんの原因とも言われているピロリ菌を発見できますので胃の痛みの原因が分かるだけではなく、胃がんの予防にも繋がる効果的な検査として利用する方が増えています。